ホームワインリスト >シャトー・ロージャック

シャトー・ロージャック プロファイル
 メドックのベガダン村にあるシャトー・ロージャックは、1852年からクルーズ家が所有する。敷地内にはローマ遺跡や先史時代の遺構が見つかっており、土地の歴史深さを伺わせる。5代目にあたる現当主ベルナール・クルーズは、クルーズ家に伝わる歴史あるワイン造りを受け継いでいる。
 一部作業に機械を取り入れてはいるものの、葡萄畑の管理はできるだけ人の手で行い、醸造も代々伝わる伝統的手法を、ブレンドもカベルネ・ソーヴィニヨンを主とした伝統的なスタイル。シャトー・ロージャックのワインは、伝統に裏打ちされたクラシックな味わいに定評がある。

種別赤ワイン
AOCMÉDOC
ヴィンテージ2010
セパージュカベルネ・ソーヴィニヨン (65%)
メルロー (30%)
プティ・ヴェルド (5%)
栽培面積28 ha
土壌砂利質
収穫率50〜55 hl/ha
栽培方法6600株/ha、リュットレゾネ
生産本数15000本
平均樹齢30年
醸造破砕、除梗を行い、26〜28℃で21日間発酵させる。櫂入れはルモンタージュ、デレスタージュを使い分ける。
熟成新樽20%、木樽で12ヶ月
価格(税込)¥4200