ホームワインリスト |シャトー・ラモット・ベルジュロン

シャトー・ラモット・ベルジュロン/ ボルドー・オー メドック プロファイル
 シャトー・ラモット・ベルジュロンは起源を中世にまで遡る歴史あるシャトー。現在はシャトー・グラン・ピュイ・デュカスのオーナーが所有している。サン・ジュリアン村と境を接するキュサック村の小高い丘に位置し、水はけの良い砂利質土壌の畑から毎年、安定した高品質のボルドーワインが造り出されることで定評がある。「ラモット・ベルジュロン」とは「motte(小高い丘の一部)」という意の単語と、19世紀半ばに農学者として名声を得たジャック・ベルジュロンの名前に由来している。
 手摘みの葡萄を除梗後に軽く破砕し、ステンレスタンクで発酵。18〜21日間スキンコンタクトを行う。発酵中の温度は30〜32℃の間でコントロールされている。熟成はオーク樽で16〜21ヶ月間行う。
 熟した黒系果実、スパイス、控え目な樽香を感じる。口に含むと滑らかなタンニンと膨らみのある黒系果実のエキスを感じ、クローブやシナモンなどの香辛料、さらに柔らかなミネラルの味わいが楽しめる。

種別赤ワイン
生産者Chateau Lamothe Bergeron
(シャトー・ラモット・ベルジュロン)
AOCHAUT-MÉDOC CRU BOURGEOIS
ヴィンテージ2006 (750ml)
2007 (375ml)
セパージュメルロー (49%)
カベルネ・ソーヴィニヨン (44%)
カベルネ・フラン (7%)
栽培面積67ha(南向き)
土壌ガロンヌ川岸の石を含んだ砂利質
樹齢25年
収穫方法手摘み(一部機械摘み)
栽培ヘクタールあたり6600株
1株あたり5房
収穫率49 hl / ha
生産本数202,000本
熟成オーク樽(新樽1/3)で14ヶ月
価格(税込)750ml ¥4300+税
375ml ¥2500+税